畳職人のブログ

角谷畳店の歴史

s001

当店は、1910年(明治43年)頃、初代角谷広吉が愛知県碧南市で畳屋を創業し、二代目時司が、たばこ・切手・宝くじも販売して事業拡大していきました。店には常連客が集まり活気がありました。

三代目武彦が15歳から働き始め高度経済成長期もあって毎日、夜中まで畳を製造していました。四代目名倉伸介が2000年に入社し、基本である手縫いを学びました。そして2008年、三代目武彦から事業継承をし、2014年に畳の丈を両端で切り、畳表を張って縫い付ける設備を買い替え現在にいたります。

このように創業106年の当店は地域からの信頼も厚く国産原料にこだわり昔ながらの製法で畳を製造してきました。ここ数年、売上の減少に苦しみながらも、畳材料(イ草・畳縁)で新しい商品の開発に取り組んできました。そして2015年6月に畳縁で、くるみボタンを作ることができました。この商品は、服のボタンやヘアゴム、マグネットになり、和の小物として発売しております。